カップ戦の存在意義


関西学生フットサル選手権の決勝ラウンドを終え、帰宅中です。

今日は準々決勝4試合を行いましたが、どれも見ごたえのある好ゲームでした。やはり、一発勝負の試合は面白い。負けたら終わりというプレッシャーが選手に緊張感と高いモチベーションをもたらすのでしょう。

トーナメント戦では、選手たちはリーグ戦と比べて1点の重みを感じるはずです。カウンターを避けようと無茶な仕掛けはおのずと減り、高い集中力を保ってディフェンスに取り組むようになります。

この経験は選手を一回りも二回りも成長させてくれます。練習試合と公式戦の重みが違うのと同じことです。

さらにこの大会は1部リーグと2部リーグのチーム同士の対戦が起こり得ます。実際、2部の関西学院大は準々決勝で1部の大阪府立大と対戦しており、さらにこの試合に勝利したため、準決勝で昨年度王者の立命館大と当たることが決まっています。

格上と対戦することでチームの現在の力を測ることができる。勝てば大きな自信につながり、負ければその差を感じ、強化への道筋を探るきっかけとなるでしょう。

ここにきてこのカップ戦をやる意義を強く感じました。この大会は関西学生リーグのレベル向上にきっとつながっていく。

そう感じた1日でした。


0コメント

  • 1000 / 1000