関西1部最終節



何という勝負強さだろうか。

久々に観に行った関西1部リーグで、神戸大学の底力を改めて見せつけられました。


関西1部に学生チームとして唯一在籍する神戸大は、今日のヴェイル寝屋川との最終節に敗れれば降格が決まる厳しい状況に追い込まれていました。

神戸大は同じ学生チームとして同志社が長年目標とし、その背中を追い続けてきたチーム。今年度1 部昇格を決めた同志社との対戦を楽しみにしているだけに、2部に降格されては困る。何としても勝ってもらわなくてはという気持ちで応援していました。


試合は神戸大が先制するも、勝たなければ2部降格となるヴェイルに追いつかれ、さらに逆転を許し、後半終了間際の土壇場で神戸大が追いつき残留を決めるという凄まじい内容でした。

神戸大の2得点はいずれも11番の今道選手。1点目のダイレクトボレーも2点目のドリブルで中に切れ込んでのシュートも、コース・スピードともに完璧。相手GKに反応の余地さえ与えない、まさにスーパーゴールでした。

恐るべきは彼がまだ2回生ということ。降格というプレッシャーのかかる大一番であの活躍ができる鉄のメンタルは驚異的と言えるでしょう。

神戸大にはとんでもない選手がいる。それを知ることができただけでも今日は観に行って良かったと思います。

ちなみにヴェイルの2得点目は同志社OBの飯田選手の得点。彼個人には頑張ってほしいけど、チームとしては神戸大に勝ってほしい。何とも複雑な気分でした。

隣にいた同志社の小山GKコーチはアウトオフプレーでヴェイルボールになった時、思わず「マイボーっ!」と叫んでいました。

マイボールだと!?

どうやらヤツはヴェイルを応援していたようです-笑


しかし、大学日本一に最多の4度輝く神戸大学が毎年のように降格争いを演じる関西1部の手強さは並大抵のものではない。

来年、同志社があの舞台でどこまでやれるのか。楽しみでもあり、また不安でもあります。


降格ほど辛いものはない。涙にくれるヴェイルの選手を目の当たりにして、この世界の厳しさを痛感した1日でした。




0コメント

  • 1000 / 1000