大学生チームの特異性


こんばんは。同志社大学フットサルクラブTREBOLコーチ兼広報担当の藤浪です。トレーナーのトモ風の書き出しにしてみましたが、コーチ業は殆どしていません。

今回は大学生チームのことについてお話します。僕がこのチームに関わりを持つようになってからはや10年。うれしい事、辛い事、多々ありました。自分がなぜこんなにも長くこのチームと関わりを持ってこられたのか、その一つは大学生チームの可能性に魅せられたからです。

トレボルの選手たちは、当たり前ですが卒業のため4年でチームを去ります。つまりチームで活動できる時間は最大でも4年しかないということです。

これは経験を必要とするフットサルにとってかなりの痛手であると言えます。トレボルは関西社会人リーグ2部に所属していますが、どのチームも毎年少しの入れ替わりはあっても、選手のフットサル歴が全員4年以下のところはないでしょう。

せっかく大きく育ってくれた選手たちを泣く泣く見送らなくてはならないのは毎年本当に惜しい気持ちでいっぱいになります。しかし、嘆いたところでどうにもなりません。4年間で最高の選手に育て上げる。それがチームの明確な目標となります。

トレボルに入団する選手はサッカー歴こそあれフットサル経験者は毎年ほぼゼロです。ここが逆に良い点なのですが、大学生は伸び代が半端なく大きい。個人差はありますが、フットサルに順応できる素質を持った選手は目に見えて上手くなっていきます。

フットサルとサッカーは別物と一部では言われますが、止める、蹴るといったサッカーの基礎技術に長けた選手はフットサルの上達も早い。市立西宮高サッカー部の選手として全国大会でも活躍した前野、指田、渋谷の3選手(いずれも3回生)はいまやトレボルの中軸を担っています。

大学生チームにとってやはり大切なのは指導者の存在ではないかと思います。大学生でいられるのは4年しかありませんが、その4年間は社会人とは比べものにならないほど自由な時間があります。与えられたものをこなすだけでは成長はありませんが、フットサルの専門知識を持った監督から日々、成長へのヒントをもらえる環境は貴重であることは間違いありません。

神戸大学や順天堂大学は指導者がいないと聞いています。学生だけであの強さを維持できるのは正直驚異的であると言えるでしょう。伝統がなせる技なのか、いまの僕には分かりません。この点には同志社がもっと強くなる秘密が隠れている気がします。

冒頭で大学生は4年でチームを去る運命にあると言いましたが、卒業する選手がいれば、新しく入団してくる選手もいます。毎年春にどんな一回生が入ってくるのか。それがこのチームに関わる一つの喜びでもあります。今年の一回生も能力の高い選手がたくさんいます。彼らがどんな風に成長してくれるのか。それが楽しみで仕方ありません。


0コメント

  • 1000 / 1000