インカレ関西大会展望


全日本大学フットサル大会は昨日の大阪府大会都をもって関西大会に出場する6府県代表が決まりました。

大阪大会決勝は昨年と同カード、大阪成蹊vs.大阪工大だったようです。大阪成蹊が大工大を逆転で下し、全国大会を決めたようです。

一方、入江監督率いる大工大は準優勝となったものの、準決勝で摂南大を破っています。今シーズンの摂南大は関西学生選手権で優勝するなどかなり強い印象をもっていましたが、それに打ち勝った大工大も素晴らしいチームであることは間違いありません。

さて、我らが同志社はその大工大と立命館と同じBグループに入りました。なかなか厳しい組み合わせですね。

大方の予想はこうでしょう。Bグループの3チームが潰し合い疲弊するため、楽に予選を突破できるであろう神戸大が有利だと。

帝塚山大学と和歌山大学には失礼かもしれませんが、確かに神戸大はAグループで突出した実力があることは疑いようがありません。グループリーグで主力を温存する余裕があるだろうし、実際そうするでしょう。しかし、神戸大が決定戦に進んだとしても、予選2試合と代表決定戦の急激な温度差に対応するのは簡単なことではありません。

神戸大は立ち上がりを慎重に入ることが重要であり、逆に神戸大と決定戦で対戦するチームは先手必勝の戦い方ができれば、試合を優位に進めることができるかもしれませんね。

僕は当日、関西学生リーグの広報として会場に行きます。正直、関西学生リーグ所属の4チームはどこが優勝してもおかしくない。しかし、手に汗握る熱い試合が繰り広げられることは間違いないです。

関西大会まで1週間を切りました。本番が楽しみでなりません。

0コメント

  • 1000 / 1000